Into the Cup 〜趣味をHACKする〜

趣味を見つける!極める!楽しむ!

コーヒーを出すタイミングが、あなたの好感度を変える

1日に何杯もコーヒーを飲まれて常にコーヒーカップが傍にあるという方、そうでないけど1日に何度かはどうしてもコーヒーが飲みたくなるという方は沢山いるのではないでしょうか。

コーヒーの魅力というのも人それぞれかもしれませんが、単なる嗜好品や喉潤すための飲料という枠を超えた魅力がコーヒーにはあるような気がします。

コーヒーを提供する側とすれば、ここぞというタイミングでコーヒーを淹れてあげると、自分の好感度も格段に上がるでしょう。

それでは、人ってどんな時にコーヒーが飲みたくなるのでしょうか。

 

朝、目覚めとともに

f:id:yusuke--k:20181213195522j:image

モーニングコーヒーという言葉があるぐらいですから、朝目覚めた後のコーヒーってやっぱり特別なものがあって、そして多くの人にとって欠くことのできないものとなっていると思います。

映画のワンシーンではないですが、朝目覚めると、コーヒーの香りが部屋中に充満していて、そんななかノビをしながら布団を出て起きていくって憧れるもんがありますよね。

そんな特別なものでなくても、コーヒーがなければ1日が始まらない、目が覚めた気がしないという方は多いと思います。

平日なら、朝会社に到着しコーヒーと共にデスクに着くというのも、身が引き締まるような感じがして良いですよね!

 

食事のあとに

f:id:yusuke--k:20181213195903j:image

私の場合は習慣のようになってしまってますが、食事のあとのコーヒーというのも、それがないとなんだか物足りないような気がしてきます。

食事のあとって、やっぱり口の中は色々な味や匂いがいっぱい残ってしまいます。

それをそのままにしておいてもいいのですが、コーヒーの独特の香りや味に置き換えることによって、それまでの食事の味わいがより鮮明に記録されるような気がします。

そして、食事の時間に一区切りつけて、次の行動に移れるスタートアップになるような気がします。

 

ホッと一息ついた時に

f:id:yusuke--k:20181213195533j:image

仕事なんかで一区切りついて、「フッー」と一息ついた時、こんな時のコーヒーって、自分に対するちょっとしたご褒美のような気もします。

難しい仕事であればあるほど、余計にこの時間が愛おしいです。

今まで、張りつめていたものが、コーヒーの香りで溶けはじめて、そして一口、口にしていくごとに消えていく。

飲み終える頃には、すっかりリフレッシュできて、ナチュラルでフラットな精神状態に戻っている、そんな場面でコーヒーを飲まれる方も沢山、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

まとめ

以上、よくコーヒーが飲みたくなるタイミングについて見てきました。

  • 朝、目覚めの時に
  • 食事のあとに
  • ホッと一息ついた時に

というのが、私が考える代表的なコーヒータイムです。

言い換えると、大切にしたい相手が傍にいるなら、このようなタイミングでコーヒーをさり気なく出してあげると、あなたの印象も良い方向に変わっていくでしょう。

では、どうして、このような時にコーヒーが飲みたくなるかというと、

  • カフェインによる覚醒効果
  • 香りや味によるリフレッシュ効果
  • 覚醒とは逆に気持ちを静める効果

このようなものがあるような気がします。

人それぞれにコーヒータイムというのはあるかもしれませんが、やはりここぞというタイミングはほとんどの人にあると思います。

その時に飲むコーヒーは心身ともに美味しいと感じますし、差し出す側も幸せな気持ちになります。