KURA BLOG 〜趣味をHACKする〜

趣味を見つける!極める!楽しむ!

苦いは消せる!!!コーヒーの苦いを美味しいに変えるテクニック

f:id:yusuke--k:20190606211631p:plain

最近改めて思いますが、コーヒーってどこでも売ってますね。

こんなにコーヒーが大活躍している時代ではありますが、コーヒーが苦手という人もいますよね。

特に「コーヒーの苦味が嫌だ」という人、多いです!

そんなわけで、ぜひ一人でも多くコーヒーの苦味を美味しいと感じて欲しいので、今回は苦味を美味しいに変えるテクニックをご紹介!

 

コーヒーの活躍の場がハンパない!

中華料理屋でもコーヒーはあるし、学校の食堂でもコーヒーがあります。

自販機には1,000%あります。

本当にどこでもコーヒーが買える時代になりましたね。

そしていろんな場面でコーヒーは活躍します。

仕事でも休憩中や商談の場、デスクワークなら社内にコーヒーマシンが置いてあって、それでコーヒーを飲みながら仕事するとか。

今の世の中コーヒーが大活躍です。

コーヒーが苦手な人にとっては苦痛ですね。

 

そもそもコーヒーはなぜ苦い??

そもそもコーヒーはなんで苦いのでしょう?

その答えは「焦げている」からなんです。

ってことは、焦げていなかったら苦くないんです!

コーヒー豆はもともとはコーヒーチェリーと呼ばれる甘い果物の種なので、少し酸味のある味なんです。

それが焙煎され、焦げて変色し、よく見かけるような茶色?黒?っぽいコーヒー豆になるわけです。

 

苦いを美味しいに変えるテクニックとは?

僕も最初は苦くて飲めなかったので、「苦いのが嫌だ!」という気持ちがよくわかります。

それをどうやって美味しいと思うようになったのか?

自分の経験も踏まえ、紹介します!

難しいことは何もないので、ぜひいろいろ試してみてください!

 

ミルクと砂糖で慣らす

コーヒーが苦くて飲めなかった時代、まずやっていたのがこの方法です。

スティックシュガー2本+スジャータ2個。

このくらい入れると、甘くてまろやかにもなってめちゃくちゃ美味しいんですよね。

しかし、これをやってると体重がすぐに増えます!←これも経験済み。

なので程々に!

あとは牛乳を入れてコーヒー牛乳にすることもやっていました。

飲んでいると徐々に苦みに慣れて、シュガーやミルクの量が少なくても美味しいと感じるようになります。

 

スタバに行く

甘いということに関連するとスタバに行くのもありかなと。

マキアートとかフラペチーノあたりを飲んで、おしゃれな気分に浸りながらコーヒーの味に慣れていくのもテクニックの一つ。

 

甘いものと一緒に

肉料理には赤ワインが合うのと同じ感じで、甘いスイーツにはブラックコーヒーも一緒に。

甘いものを食べた後の口直しで、コーヒーを飲むとスイーツの甘さによってコーヒーの苦味が和らぎ、程よい感じでコーヒーが美味しく感じられます。

 

とにかく飲む

かなりシンプルな方法ですがww

ある日突然神様が降りてきたように、「あ!なんかいつのまにか慣れてきたな。」

っと思うときがきます!

なので、慣れるまでひたすらに飲んでください。

※ひたすらにといっても、一気飲みや大量に飲むことはお控えください。

 

浅煎り豆を使う

コーヒーが苦い原因は焦げというお話しをしました。

焙煎の時間が長ければそれだけコーヒーも苦くなります。

ですので、焙煎時間が短い浅煎りのコーヒーを飲んでみると良いかもしれません。

もともとコーヒー豆はチェリーの種なので、浅煎りだと苦味が少なくフルーティな酸味を持つものが多いです。

酸味の強いものと苦みが強いもの、といようにたくさんの種類があり、それぞれ味が違うので、面白さ・楽しさも実感しながらコーヒーを好きになれるかもです!

 

新鮮な豆を使う

鮮度の影響は結構大きいです。

私は安いコーヒーは買わないようにしています。

安いコーヒーほど古いコーヒ豆が使われることが多いので。

鮮度が落ちると、苦味が増します。

それも、豆が劣化して印象の悪い苦みが増してしまいます。

なのでコーヒー豆専門店で豆を購入したり、ちょっと値段が高いコーヒー豆の購入をおすすめします!

 

「モテたい!」「大人な人間になりたい!」という強い願望を持つ

ブラックコーヒーが好きというだけで「大人だなぁー!」って思われること結構あるんですよね!

「趣味はコーヒーを飲むこと!」って言うとお洒落な印象を持たれたりするも!

コーヒーは嫌いだけど「大人な人間に見られたいから飲む」「モテたいから飲む」みたいなのもありかなとww

とりあえず飲んでれば苦みには慣れますww

 

苦くない水出しコーヒー

水出しコーヒーって知ってますか?

最近良く見かけますね。

コーヒーは実は熱いお湯で淹れるせいで、苦味も多く抽出されるんです。

そこで水出しコーヒーはお湯を使わず、水でじっくり時間をかけて淹れるのです。

僕もまだ飲んだことがないので、飲んでみたい!

 

好みの味を見つける

コーヒー豆は本当にたくさんの種類があり、味や香りも種類によって異なります。

苦味が強かったり弱かったり、スッキリした味だったり滑らかな舌触りだったり。

自分はどんなコーヒーの味が好きなのかを発見できると、それがきっかけでコーヒーの魅力にはまっていくかもしれません。

苦みが全く感じられないコーヒー豆もたくさんあるので、そんなコーヒー豆に出会ってみると良いと思います!

 

冷めないうちに飲む

人間の舌は冷たいほど苦味を感じやすくなるのです。

なのでコーヒーも冷めてしまうと苦味が強くなっていきます。

コーヒーは冷めないうちに。

 

さいごに。苦いは美味しいに変えられる!

ここまで「苦い」を「美味しい」に変えるいくつかのテクニックを紹介してきましたが、コーヒー好きの僕にとって、一人でも多くコーヒーが嫌いな人を減らしていけたらなと思います。

コーヒーをきっかけに、出会いが広がったり、その場の空気が和んだり、

「ちょっとカフェでコーヒーでも」

みたいな感じで気軽に誰かと話しの場を作れたり、いろいろな繋がりや出会いを作ってくれるのもコーヒーの魅力です。

きっかけはなんであれ、コーヒーが美味しいと思ってくれれば嬉しす!!

 

 

▼レビューもあります

www.intothecup.fun

www.intothecup.fun

www.intothecup.fun