Into the Cup ~コーヒーで素敵な日々を~

カップの中のコーヒーと共に、素敵なライフを。

上品で贅沢!バーボンウィスキー「フォアローゼズ」

ウィスキーと一言で言っても、たくさんの種類があります。

その中で、バーボンウィスキーに分類され、ウィスキー初心者からマニアまで楽しむことが出来るのが「フォアローゼズ」です。

このフォアローゼズの魅力について解説していきます。

 

1.フォアローゼスとは

フォアローゼズは1988年にアメリカ、ケンタッキーでベルノ・リカールという酒造メーカが最初に造ったバーボンウィスキーです。
フォアローゼス(Four Roses)の由来は、創業者であるRufus Mathewson Roseとその兄弟、そして2人の息子の4人によるものとされています。
また、他の説としてはこんなロマンチックなエピソードもあります。
それはある舞踏会でのこと。フォアローゼズの生みの親ポール・ジョーんズは、絶世の美女と出会います。一目で故意に落ちたポールは、迷わずプロポーズしました。でも、彼女は彼にこう答えたのです。

 

「どうか次の舞踏会までお待ちください。プロポーズをお受けするなら、バラのコサージュを付けてまいります。」

 

そして、約束の舞踏会の夜。彼女は4輪の真紅の薔薇を胸に、彼の目の前に現れたのでした。愛が実った素晴らしい瞬間。そんな素敵なエピソードから、「フォアローゼス」と名づけられ、ラベルにはふたりを結んだ真紅の薔薇のコサージュが描かれたと言われています。 

 

2.香りと味わいが魅力のフォアローゼズ

フォアローゼズの魅力は香りと味わいにあります。

薔薇という名前がついているように、花のような香りがグラスから伝わっていきます。
口の中では非常になめらかで果実のような味わいが広がってきます。
とにかくクセがなく、飲みやすいので、ウイスキーが苦手な方も手がつけやすいと思います。
美味しい飲み方としては、まずはストレートでその香りと味わいを楽しみ、次に氷を入れてオンザロックで味の変化を楽しんでいくような飲み方が良いかと思います。

フォアローゼズの魅力を十分に感じてください。

 

3.フォアローゼズの4つのシリーズ

フォアローゼズには4つのシリーズがあります。
  • フォアローゼズ
  • フォアローゼズ ブラック
  • フォアローゼズ プラチナ
  • フォアローゼズ シングルバレル
熟成期間や原酒の選定によって4つのシリーズが生産されています。
「フォアローゼズ」「フォアローゼズ ブラック」の2種類はスーパーや酒屋でも頻繁に見かけますが、プラチナ、シングルバレルとなると、それほど多く目にすることはないです。
これから手を付けてみようという方は、まずはフォアローゼズ、フォアローゼズブラック

からでしょう。

まずは広く浅くフォアローゼズの世界に触れていくと、楽しみが倍増です!

 

4.最高級なフォアローゼズシリーズ「フォアローゼズ シングルバレル」

フォアローゼズ4シリーズのうち、薔薇の原石とも呼ばれ最高級品質を誇るのが「フォアローゼズ シングルバレル」です。
いくつかの厳選された原酒を使用してつくられるフォアローゼズですが、シングルバレルは1種類の原酒のみを使用しています。
それは蜂蜜やメープルシロップのような豊かな香りと、シナモンのようなスパイシーな味わいを持つ選び抜かれた原酒です。
シングルバレルという名の通り、1つの樽からつくられた原酒を使用しています。
この一つの樽からはわずか230本しかできません。
フォアローゼズの中でかなり希少価値のあるシングルバレルはウイスキーが苦手な方でも、1度は味わってみてほしものです。